象牙の買取価格は

象牙はいつの時代でも印鑑やアクセサリーの素材として高価に取引されていますが、実際にどれくらいの価格が相場なのかあまり知られていません。現在日本での象牙の輸入はワシントン条約により、全面的に禁止とされているので、なかなか一般の人が手に入れることは難しいのですが、昔から家宝として持っている人などが、売却したいときには、以下を参考にして下さい。 基本的には象牙は専門の業者がキロ単位で買い取ります。もちろんそれは切り売りなどはできないので、一本ずつグラム数に応じて買取価格がつけられます。それも一律ではなく、象牙の状態や形状(細工の有無)、重量や詰め物によって相場が変わってきますが、全く加工されておらず、腐食等もない状態のものだと、1キログラムあたり買取価格1万円から値段がつきます。一本ものであれば大きければ大きいほどキロ単価は高くなり、20キロを超えるような特大の象牙だとキロ当たり買取価格5万円ほどになります。